2015年11月アーカイブ

徳島での脱毛探しはどうする?

徳島で脱毛してみたい!と思っている人、多いと思います。

でも脱毛初心者にとっては、徳島でどうやってサロンを探せばいいのか分からないのが普通だと思います。

そこでお勧めなのが、ランキングサイトを見て探す方法です。

徳島を含めて四国は、まだまだサロン数が全国的に多くありません。

だからこそ、ランキングサイトを見た方がまとまった情報を得やすいため効率が良いんです。

また徳島の脱毛は人気ランキングを見た方がお得なんです。

というのも、人気ランキングではお得なキャンペーン情報を常に提供してくれているので、初心者の人でも安心して利用できるわけですね。

でも単にそれだけの利用方法じゃ、人気ランキングを全て活用できたとは言えません。

実はこうしたランキングサイトは、脱毛のいろはについて色々と役立つ記事が用意されてるんです。

だから初心者の人は、こうしたサイトを参考に脱毛の基礎知識を習得しておけば、正に一石二鳥ですね。

そして初めてのサロンではカウンセリングが鉄則です!

サロンの分からない事を聞けたり、脱毛の体験をちょっとだけする事が可能です。

カウンセリングは無料であるため、そうした意味でも利用しておいた方が良いですよ。

お得に脱毛できるステキなサロンを、ぜひ徳島で見つけてみてくださいね。

脱毛サロンよりも効果の高い施術が受けられる、という点が大きな魅力の医療レーザー脱毛。

ですが、1つ気になる点がありますよね。

それは、料金の相場です。

医療レーザー脱毛は、効果が高い分、どうしてもサロンで受ける脱毛よりも高額になってしまう傾向があります。

ですが、実は脱毛の需要が増加したことに伴い、脱毛サロンだけでなく、クリニックでも低料金化が進んでいるのです。

そのため、驚くほど高額で手が出ないというようなコースは、最近では減ってきています。

例えば初心者の定番部位、ワキ脱毛をチェックしてみましょう。

これはどこのクリニックで受けるか、によって価格は大きく違ってきますが、例えば湘南美容外科なら、5回コースで1,000円、無制限コースで3,400円となっています。

いずれもキャンペーン利用時の料金ですが、これならチャレンジしやすいですよね。

ただし、高須クリニックでは5回まで1回あたり14,000円という高額になっています。

次に、もう1つ見逃せない部位、ひざ下を見てみましょう。

こちらは、湘南美容外科で1回あたり15,120円、6回コースにすると70,200円です。

高須クリニックなら5回まで、1回あたり29,000円、1年フリープランを契約すれば70,000円となります。

脱毛に関して特に人気が高いアリシアクリニックの場合は、3回で30,000円、5回なら41,250円ですね。

このように、クリニックによって大きな違いはありますが、中には湘南美容外科のように、比較的、利用しやすい価格帯のところもあることが分かります。

脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛の場合、完全にツルツルにしたいのであれば、約18回の施術が必要であると言われています。

その点、医療レーザー脱毛なら少ない回数で効果を実感できる場合が多いので、多少、サロンよりも高く感じられても、こちらの方が結果的にお得になる可能性もあるのです。

ワキなどは脱毛サロンの激安キャンペーンを利用して、ひざ下などは医療レーザー脱毛で短期決戦にしてみるなど、ニーズに合わせて使い分けるのも1つの方法ですね。

医療レーザー脱毛って痛いの?

脱毛を受ける際に、不安に感じる点の1つとして大きいのが、「痛み」に関してではないでしょうか?

脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛は少ない痛みでの施術が可能という点が大きな魅力の1つとなっています。

これに対して、パワーが強い医療レーザー脱毛は、どうしても痛みを強く感じてしまう傾向があります。

では、医療レーザー脱毛によって感じる痛みはどの程度なのか、気になるところですね。

これは感じ方が人により、また部位により様々です。

ですが大半の方が、輪ゴムで弾いた程度の痛みと表現しており、我慢できるレベルであることが窺えます。

ただし、例えば鼻下、VIOラインといったデリケートな部分の場合や、毛が太く濃い方の場合には、痛みを予想以上に強く感じてしまう恐れがあります。

強い痛みを感じたとしても、これは毛包幹細胞という部分を破壊し、脱毛効果を得られている証拠ですので、心配はいりません。

細胞を破壊しているわけですから、多少の痛みを感じるのは仕方がないことなのです。

ですが、やはり強い痛みに耐えなければならないというのはストレスになりますし、継続するのがイヤになってしまうという方もいるでしょう。

そこで、そんな時にはクリニックのスタッフに相談し、麻酔などを使用してもらいましょう。

クリニックは医療機関ですので、エステサロンとは違い、麻酔を使用することができるという大きなメリットがあります。

この麻酔を用いれば、痛みを感じやすい部位でも、ほぼ無痛で快適な脱毛を受けていくことができます。

麻酔には別途料金が必要になる場合が多いので、痛みが強い部分のみに使用するなど、上手に使い分けをすれば、それほどコストをかけず、快適な脱毛を楽しむことができるでしょう。

また、肌の状態を整えておくことも、痛みを軽減するための1つのポイントです。

日ごろからしっかり保湿ケアや紫外線ケアをして、肌状態を健やかに保ち、痛みを感じにくい状態で医療レーザー脱毛に臨みましょう!

いろんな家庭用脱毛器の種類について

プロの手による脱毛を受ける方が増えてきていますが、それに伴い、自宅でエステのような脱毛を楽しめてしまう脱毛器も登場してきています。

脱毛サロンに並んで進化を遂げている家庭用脱毛器ですが、多数ある種類の中から、どれを選べば良いのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで、まずは家庭用脱毛器として販売されているものの主な脱毛方式の種類を4つ、しっかり理解しておきましょう。

●フラッシュ方式
エステサロンでもお馴染みの脱毛方式を取り入れているのが、フラッシュ方式です。

代表的なものとしては、人気機種のケノンが挙げられます。

これはIPLという光が用いられており、回数を重ねることでムダ毛が細く、生えにくくなるという効果が実感できます。

また、お肌の表面温度を上げずに毛根部分にダメージを集中させることができるので、痛みが少ないというメリットもあります。

照射面積が広いタイプが多いのも特徴で、楽に脱毛できるというのも大きなメリットですね。

●レーザー方式
医療機関で行われる医療レーザー脱毛の方式で、家庭で使用できるレベルの出力に抑えたものがレーザー方式です。

黒い色素に反応して熱を加えるもので、毛乳頭に熱を与えて細胞レベルで破壊してしまうという仕組みになります。

代表的なものはトリアという機種ですね。

効果の高い脱毛方式ではありますが、その分、痛みが強く、照射面積が狭いといったデメリットもあります。

●サーミコン方式
サーミコン方式は、フラッシュ方式やレーザー方式とは違い、根本的な部分に働きかける方法ではありません。

これはサーミコンにより生み出される熱で、ムダ毛の接触部分をカットするという処理法になります。

つまり施術自体は脱毛ではなく除毛であり、カミソリ感覚で使用していくものと考えると良いでしょう。

代表的な機種としてはノーノ―ヘアなどが挙げられます。

比較的安価なのが魅力で、操作も簡単ですが、ムダ毛のコンプレックスを根本から解消できるものではありません。

●バジル方式
バジル方式というのは、ハイパースキン脱毛の方式を採用した家庭用脱毛器です。

毛が生える前の発毛因子に対して働きかけ、特殊な光で破壊することにより、ムダ毛が生えてきにくい状態を作ります。

痛みや肌へのダメージが少ないのが魅力です。

ただし、効果は実感しにくいという点で、イマイチ普及していないのが現状です。


家庭用脱毛器を選ぶ際には、これらの種類のそれぞれの特徴をよく理解して、自分のニーズに合ったものをセレクトしましょう。

家庭用脱毛器も、驚異的なスピードで進化を遂げていますね。

エステ品質の脱毛が家庭で気軽に行えてしまうという商品も多数登場してきており、多くの方が実際にその効果を実感しています。

ですが、あまりにも剛毛と言えるような太く濃い毛が生えている方の場合、「家庭用の脱毛器でも対処できるのだろうか」と不安になってしまうことがあるでしょう。

これに関しては、実は剛毛ほど、家庭用脱毛器の使用も適していると言えるのです。

なぜなら、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などは、黒いメラニン色素に対して反応することで毛根部分にダメージを与えていく方法だからです。

そのため、黒いメラニン色素が濃ければ濃いほど、反応しやすくなり、エネルギーを集中させやすくなります。

その結果、しっかりムダ毛に働きかけて、脱毛していくことができるというわけなのですね。

つまり、逆に言えば産毛のような薄い毛の方が、意外と脱毛するのに時間がかかったり、イマイチ効果を実感できなかったりするのです。

それからもう1つ、脱毛効果を高めるために大切なポイントがあります。

それが肌の色です。

肌の色は白ければ白いほど、黒いムダ毛との色の違いがはっきりと出ます。

そのため、よりしっかりとレーザーや光が反応しやすくなるというわけなのです。

ただし、1つ注意しなければならない点があります。

それは、剛毛を脱毛する際の痛みに関してです。

強く反応してしっかり熱エネルギーを伝えることができる、ということはつまり、それだけ痛みを強く感じてしまうということでもあります。

そのため、剛毛が生えている部分は家庭用脱毛器であっても、かなりの激痛を感じてしまうことになるかもしれません。

いくら効果が高くても、痛みでストレスを感じ、断念してしまっては無意味になりますので、最初は低い出力から始めてみるのが良いですね。

何度も施術を重ねていくと、毛が薄くなり、痛みも感じにくくなります。

そこでジワジワと出力を上げていくと良いでしょう。

剛毛の場合は低い出力でも十分に効果が期待できますから、使い方のコツを覚えて、出力調整しながら安全にキレイに、セルフ脱毛していきましょう!

家庭用脱毛器にも色々なものがあり、どれを選べばしっかり効果を実感できるのか、また肌に優しいのかなど、選ぶ際には慎重になってしまいますよね。

そこで、いくつかの人気家庭用脱毛器を比較してみました。

●ケノン
まず、家庭用脱毛器の中でも不動の人気となっているのがケノンでしょう。

こちらはフラッシュ脱毛方式で、価格は73,800円?と比較的高額です。

ですが、カートリッジの寿命が非常に長く、1ショットあたり0.038円と低コストで使用することができるので、長期的に見るとかなりお得になるというのが大きな魅力の1つです。

さらに業界最高レベルの出力であり、しかも痛みが少ないうえに、カートリッジをフェイシャル用に取り換えることでフォトフェイシャルにも使用できるという優れものです。

女性なら1台は持っておきたい機種ですね。

●トリア
トリアは世界が認めるレーザー脱毛方式の家庭用脱毛器です。

価格は49,800円と、ケノンに比べればリーズナブルになりますが、こちらは使い切りタイプでカートリッジが無いので、長く使用するとなると高くつく恐れがあります。

レーザー方式なので脱毛効果の高さでは高評価ですが、痛みが強いという点と、照射面積が狭いという点が欠点であるとも言えるでしょう。

●ヒカリエピ
ヒカリエピはフラッシュ脱毛方式で肌に優しく、痛みが少ない脱毛器として人気があります。

フェイシャルにも使用できる優れもので、価格が24,800円とリーズナブルなのも嬉しい点ですね。

ただし、脱毛できる部位は腕や足、ワキ、VIOラインとなっており、顔などには使用しにくいのが欠点と言えるでしょう。

●光エステ
パナソニックが発売している家庭用のフラッシュ脱毛器ということで、信頼できるという点が大きな魅力の光エステ。

価格も32,000円と、比較的リーズナブルです。

照射面積も広めで、痛みが少なく、使用しやすいですが、こちらは腕や足、ワキといった部位にしか使用できません。

それから、フェイシャルが付いていないので、お得感という点では劣るかもしれませんね。


いかがでしょうか?

人気の機種には、人気になるだけの大きな魅力があるということが理解できますね。

自分に合った機種を選んで、家庭で気軽にムダ毛のコンプレックスと戦いましょう!

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。