家庭用脱毛器って剛毛なムダ毛に対しても使用出来るの?

家庭用脱毛器も、驚異的なスピードで進化を遂げていますね。

エステ品質の脱毛が家庭で気軽に行えてしまうという商品も多数登場してきており、多くの方が実際にその効果を実感しています。

ですが、あまりにも剛毛と言えるような太く濃い毛が生えている方の場合、「家庭用の脱毛器でも対処できるのだろうか」と不安になってしまうことがあるでしょう。

これに関しては、実は剛毛ほど、家庭用脱毛器の使用も適していると言えるのです。

なぜなら、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などは、黒いメラニン色素に対して反応することで毛根部分にダメージを与えていく方法だからです。

そのため、黒いメラニン色素が濃ければ濃いほど、反応しやすくなり、エネルギーを集中させやすくなります。

その結果、しっかりムダ毛に働きかけて、脱毛していくことができるというわけなのですね。

つまり、逆に言えば産毛のような薄い毛の方が、意外と脱毛するのに時間がかかったり、イマイチ効果を実感できなかったりするのです。

それからもう1つ、脱毛効果を高めるために大切なポイントがあります。

それが肌の色です。

肌の色は白ければ白いほど、黒いムダ毛との色の違いがはっきりと出ます。

そのため、よりしっかりとレーザーや光が反応しやすくなるというわけなのです。

ただし、1つ注意しなければならない点があります。

それは、剛毛を脱毛する際の痛みに関してです。

強く反応してしっかり熱エネルギーを伝えることができる、ということはつまり、それだけ痛みを強く感じてしまうということでもあります。

そのため、剛毛が生えている部分は家庭用脱毛器であっても、かなりの激痛を感じてしまうことになるかもしれません。

いくら効果が高くても、痛みでストレスを感じ、断念してしまっては無意味になりますので、最初は低い出力から始めてみるのが良いですね。

何度も施術を重ねていくと、毛が薄くなり、痛みも感じにくくなります。

そこでジワジワと出力を上げていくと良いでしょう。

剛毛の場合は低い出力でも十分に効果が期待できますから、使い方のコツを覚えて、出力調整しながら安全にキレイに、セルフ脱毛していきましょう!

このブログ記事について

このページは、hajimeが2015年11月16日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いくつかの家庭用脱毛器を比較してみました!」です。

次のブログ記事は「いろんな家庭用脱毛器の種類について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。