いろんな家庭用脱毛器の種類について

プロの手による脱毛を受ける方が増えてきていますが、それに伴い、自宅でエステのような脱毛を楽しめてしまう脱毛器も登場してきています。

脱毛サロンに並んで進化を遂げている家庭用脱毛器ですが、多数ある種類の中から、どれを選べば良いのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで、まずは家庭用脱毛器として販売されているものの主な脱毛方式の種類を4つ、しっかり理解しておきましょう。

●フラッシュ方式
エステサロンでもお馴染みの脱毛方式を取り入れているのが、フラッシュ方式です。

代表的なものとしては、人気機種のケノンが挙げられます。

これはIPLという光が用いられており、回数を重ねることでムダ毛が細く、生えにくくなるという効果が実感できます。

また、お肌の表面温度を上げずに毛根部分にダメージを集中させることができるので、痛みが少ないというメリットもあります。

照射面積が広いタイプが多いのも特徴で、楽に脱毛できるというのも大きなメリットですね。

●レーザー方式
医療機関で行われる医療レーザー脱毛の方式で、家庭で使用できるレベルの出力に抑えたものがレーザー方式です。

黒い色素に反応して熱を加えるもので、毛乳頭に熱を与えて細胞レベルで破壊してしまうという仕組みになります。

代表的なものはトリアという機種ですね。

効果の高い脱毛方式ではありますが、その分、痛みが強く、照射面積が狭いといったデメリットもあります。

●サーミコン方式
サーミコン方式は、フラッシュ方式やレーザー方式とは違い、根本的な部分に働きかける方法ではありません。

これはサーミコンにより生み出される熱で、ムダ毛の接触部分をカットするという処理法になります。

つまり施術自体は脱毛ではなく除毛であり、カミソリ感覚で使用していくものと考えると良いでしょう。

代表的な機種としてはノーノ―ヘアなどが挙げられます。

比較的安価なのが魅力で、操作も簡単ですが、ムダ毛のコンプレックスを根本から解消できるものではありません。

●バジル方式
バジル方式というのは、ハイパースキン脱毛の方式を採用した家庭用脱毛器です。

毛が生える前の発毛因子に対して働きかけ、特殊な光で破壊することにより、ムダ毛が生えてきにくい状態を作ります。

痛みや肌へのダメージが少ないのが魅力です。

ただし、効果は実感しにくいという点で、イマイチ普及していないのが現状です。


家庭用脱毛器を選ぶ際には、これらの種類のそれぞれの特徴をよく理解して、自分のニーズに合ったものをセレクトしましょう。

このブログ記事について

このページは、hajimeが2015年11月16日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家庭用脱毛器って剛毛なムダ毛に対しても使用出来るの?」です。

次のブログ記事は「医療レーザー脱毛って痛いの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。