医療レーザー脱毛って痛いの?

脱毛を受ける際に、不安に感じる点の1つとして大きいのが、「痛み」に関してではないでしょうか?

脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛は少ない痛みでの施術が可能という点が大きな魅力の1つとなっています。

これに対して、パワーが強い医療レーザー脱毛は、どうしても痛みを強く感じてしまう傾向があります。

では、医療レーザー脱毛によって感じる痛みはどの程度なのか、気になるところですね。

これは感じ方が人により、また部位により様々です。

ですが大半の方が、輪ゴムで弾いた程度の痛みと表現しており、我慢できるレベルであることが窺えます。

ただし、例えば鼻下、VIOラインといったデリケートな部分の場合や、毛が太く濃い方の場合には、痛みを予想以上に強く感じてしまう恐れがあります。

強い痛みを感じたとしても、これは毛包幹細胞という部分を破壊し、脱毛効果を得られている証拠ですので、心配はいりません。

細胞を破壊しているわけですから、多少の痛みを感じるのは仕方がないことなのです。

ですが、やはり強い痛みに耐えなければならないというのはストレスになりますし、継続するのがイヤになってしまうという方もいるでしょう。

そこで、そんな時にはクリニックのスタッフに相談し、麻酔などを使用してもらいましょう。

クリニックは医療機関ですので、エステサロンとは違い、麻酔を使用することができるという大きなメリットがあります。

この麻酔を用いれば、痛みを感じやすい部位でも、ほぼ無痛で快適な脱毛を受けていくことができます。

麻酔には別途料金が必要になる場合が多いので、痛みが強い部分のみに使用するなど、上手に使い分けをすれば、それほどコストをかけず、快適な脱毛を楽しむことができるでしょう。

また、肌の状態を整えておくことも、痛みを軽減するための1つのポイントです。

日ごろからしっかり保湿ケアや紫外線ケアをして、肌状態を健やかに保ち、痛みを感じにくい状態で医療レーザー脱毛に臨みましょう!

このブログ記事について

このページは、hajimeが2015年11月16日 10:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いろんな家庭用脱毛器の種類について」です。

次のブログ記事は「最近の医療レーザー脱毛の相場について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。